借入

【借入】カードローンの選び方

借入はやっぱり金利で選ぶ

借入をしなければいけない、そんな時にも少しでも返済する額を減らしたいものです。大きな金額を必要としている時や、借入期間が長期間になる予定などでは、金利の違いは大きな違いとなって返済額に表れてきます。低金利ローンを選ぶこと、これは重要な点となるでしょう。金利の違いを金額としてシミュレーションしてみると分かりやすくなります。借入を希望している額から利息を算出してみて、具体的な金額を把握しておきましょう。0.5%の違いと聞いただけではピンとこない場合も、5,000円の違いと分かると「金利の違いは大切!」と納得できるでしょう。

 

しかしローンの金利は、自分で決められるわけではないという注意点があります。カードローンなどを見ていると金利に幅がある表記がなされています。例えば、5.0%〜18.0%と書かれている場合、自分がローンを利用した時に5.0%で借りますと決めるわけではありません。信用度に応じて、金融機関が審査をして決定するのです。また、カードローンでは限度額に応じて金利が決められています。例えば限度額400万円から500万円なら金利は5.0%〜6.5%、限度額が50万円までなら限度額は18.0%といったように設定されているのです。

 

利用当初は限度額も少なく、金利が高い設定となっていても、使っていくうちに限度額が大きくなり、金利も低くなっていくというローンもあります。利用計画が短期なのか、長期なのかによっても選ぶローンは変わってくるでしょう。

 

借り入れランキングでスペックを比較して借入先を探すのも一つです。

 

信頼と安心の借入なら銀行カードローンへ

安心してお金を借りたいなら、銀行カードローンを選びましょう。お金を借りるということには、少なからず不安があるものです。ローンの選び方によっては返済できなくなってしまうかもしれません。また、違法な業者に申し込みなどをしてしまうと、お金が借りられないどころか、高金利を設定されたり逆にお金をだましとられてしまったりという事態になってしまうかもしれないのです。

 

銀行カードローンなら、銀行であるという信頼感も高いですし、申し込み前に「安全なところだろうか?」と下調べする手間も省けます。安心して申し込めるでしょう。

 

銀行カードローンは、全体的に金利が低い傾向にあるというのも安心材料となってくれます。総量規制を気にする必要がなかったり、限度額が大きめのものも多かったりとメリットが大きいように感じます。しかし、その分審査時間が長くかかる、借入までの時間が口座開設などを必要とする場合は時間がかかる、といったカードローンも見つかります。もちろん即日利用が可能な銀行カードローンもありますので、ローンの選び方がポイントになってきますね。

 

銀行にも都市銀行、ネット銀行、地方銀行など違いがあり、それぞれが発行するカードローンにも違いがあります。また、一つの銀行で複数のカードローンを取り扱っていることもあり、どんなカードローンを選ぶのかは、とても重要な点となるのです。

 

即借りたい!そんな時にはどう選ぶ?

急いでお金を借りたい、即日融資ができるローンを選びたい、こんな時には審査時間の短さなどからやはり消費者金融を選んでおくとよいでしょう。銀行カードローンでも、審査時間が短いものが登場していますが、借入方法が限定されている場合や、口座を持っていないと利用できない場合などがあり、審査時間が短い=すぐに借りられるというわけではないこともあるのです。

 

消費者金融では、ネット申し込みからネットで借入という流れもスムーズです。また、ネットで申し込みをした後に自動契約機でカードを受け取ってすぐにATMで借りるという方法もあります。自分にとって最短の借入方法を選べるというわけです。申し込みの時間帯、審査結果が分かった時間、どのキャッシング方法なら一番自分が早くできるのか、という点を注意して借入までの流れを予測するとよいでしょう。

 

消費者金融では、モビットのように電話をかけることですぐに審査がスタートして、より早く借りられるようになるサービスを行っているところもあります。全体的により早い借入へのサポートがしっかりしているのが、消費者金融です。ただし、こういったサービスには違いがあるものです。自分が申し込みをする消費者金融ではどのようなサービスが行われているのかは確認が必要です。消費者金融ではどこに申し込みをしても、即借りたいという希望に対応しやすくなっています。申し込みをする方は、もちろん金利などの比較も忘れずにしておきましょう。

 

まとまった金額を必要としているなら

まとまった金額を必要としているのなら、当然限度額の大きなローンを探す必要があります。銀行カードローンでは最高限度額が500万円、700万円、さらに1,000万円といったものもあり、大きな金額を借りたい時にも選んで安心でしょう。

 

消費者金融は、限度額が低いと考えている方もいらっしゃいますが、プロミスやモビットなどでは最高500万円の限度額となっています。ただし、消費者金融では、限度額は総量規制の範囲内で申し込む必要があります。つまり、年収の3分の1までの額しか借りられません。他に貸金業者で借入をしていれば、新たに申し込みをする場合は、元々の借入額も含めて年収の3分の1までにする必要があるのです。

 

カードローンでも、このように大きな限度額のものがたくさん登場しているため、大きな金額を必要とする目的の決まった借入なども、カードローンをあえて選ぶという方法もあります。通常は目的ローンとして、マイカーローンや教育ローン、ブライダルローンなどを各金融機関が準備しています。カードローンでは借入の目的を自分で決められるので、目的ローンの代用として使うのにもピッタリなのです。

 

一度にまとまった金額を利用する時でなく、また大きな金額が必要になるかもしれないと考えるなら、その都度申し込みや契約をせずにすぐに借りられるカードローンを使うという方法も便利です。カードローンでは解約しない限りはまた借りることができます。